2014年3月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
山田淳也/YAMADA Junya
M.O.S.O. LIFE

1976年 群馬県生まれ
演劇集団 円研究所にて演劇基礎を学ぶ。
1996 多国籍アートパフォーマンス集団66b/cellに参加、舞踏を中心とする身体表現メソッドを学ぶ。
1998年より渡米(ニューヨーク)にてダンス、演劇を中心に活動する。
2004年よりファッションイベントプロデュース会社 DRUMCAN inc.へ参加、ライブ演出、企画プロデュースを中心に活動する。2014年 独立後 David J.Production Co.,Ltd.を設立 


月別アーカイブ: 3月 2014

春企画 2014 ロンドン

春ですね。

僕は春が大好きです。

桜が大好きです。

いろいろな場所で出会った、春の風景を特集します。

第一回 london Bridge Towerと桜

 

 

 

下記の文章は2007年 私が高校生の頃を思い出して書いた文章です。春が来ると思い出すシーン、風、香り、記憶、、、、、、良い記憶なんでしょうね。

 

これからもたくさんの春の記憶をアップデートしていければと思います。

 

 

 

========================================

下記 2007年 9月 手記

日曜日にMr. Children のライブに行ってきました。

 

12年前 高校を卒業し友達にJR高崎駅のホームで見送られ

普通電車で東京に出て来た時の事を思いながら

Tomorrow never knows を聞きました。

 

シーン1

普通電車のドアが締まり、その向こうに友達が手を振っている

その他の乗客の目を気にしながら、はずかしそうに、、、

春の香りが窓の隙間から吹き込む、隣のおじさんの新聞がゆるやかに、、、電車のスピードにあわせ揺るぐ。

 

ピアノの旋律にあわせ、電車のリズムが入ってくる、、、、

見渡す限りの田んぼの風景が次第にかすんでくる

 

差し込み動画(パレット 緑の絵の具に)

 

スタイリング

1昔流行った太めのチノパン

2白の布(ガチャベルト)

3スラッシャーのトレーナー

4FILA のサンバイザー

5AIR WALKの白のスケーターシューズ

6JACKWOLFSKIN JACK WOLFSKINのリュック

7スケボーオーリーしかできない)

 

シーン2

空いている席を見つけ、座り(斜め座り)walk manを聞く

 

M1 ーTomorrow never knowsー

 

 

をヘービーローテで5回聞く。

 

カメラアングル

 

1カメ 駅のホーム(離れていく電車)

2カメ サイド(目元ー唇)

3カメ フロント(WALK MANを握る手

4カメ 目の高さ

 

頭の中のシーン(別日撮影)

 

別れと出会い

桜の季節 高校入学~卒業の回想 新たな出会いへの期待

 

ー12年後ー

空からのアングル フォーカスがゆっくりとあっていく

 

空を見上げ

 

台風の過ぎた空に雲がゆっくりと動く

さわやかな風、遥か遠い空を飛ぶ飛行機のランプ

 

 

 

M2 口笛 がフェードイン

 

 

頼りなく二つ並んだ不揃いの影が 北風に揺れながら延びてゆく

凸凹のまま膨らんだ君への想いは この胸のほころびから顔を出した

 

口笛を遠く 永遠に祈るように遠く 響かせるよ

言葉より確かなものに ほら 届きそうな気がしてんだ

 

さあ 手を繋いで 僕らの現在が途切れない様に

その香り その身体 その全てで僕は生き返る

夢を摘むんで帰る畦道 立ち止まったまま

そしてどんな場面も二人なら笑えますように

 

無造作にさげた鞄にタネが詰まっていて 手品の様 ひねた僕を笑わせるよ

形あるものは次第に姿を消すけれど 君がくれた この温もりは消せないさ

 

いつもは素通りしてたベンチに座り 見渡せば

よどんだ街の景色さえ ごらん 愛しさに満ちてる

 

ああ 雨上がりの遠くの空に虹が架かったなら

とまどいや 不安など 簡単に吹き飛ばせそうなのに

乾いた風に口笛は 澄み渡ってゆく

まるで世界中を優しく包みこむように

 

子供の頃に

夢中で捜してたものが

ほら 今 目の前で手を広げている

怖がらないで踏み出しておいで

 

さあ 手を繋いで 僕らの現在が途切れない様に

その香り その身体 その全てで僕は生き返る

夢を摘むんで帰る畦道 立ち止まったまま

そしてどんな場面も二人で笑いながら

優しく響くあの口笛のように

 

 

 


カテゴリー: 未分類 |